第1回 牛の歴史

ushi001.jpg

今回は、牛の歴史について学んでみましょう。

 

牛は約9,000年前、地中海東岸地方、特に小アジアからパレスチナ地方で家畜化されました。我々の先祖であるホモ・サピエンス(新人)は約4万年前から約1万年に出現しているますので、新人により家畜化されたことになります。

 

また、家畜化されると各地へ広がり、南はエジプトへ、東はインドのパンジャブ地方に伝わっていきました。日本列島では約2,300年前(弥生時代)、渡来人によってアジア大陸で家畜化された牛が持ち込まれたものと考えられています。その後各国で品種改良され、現在の牛となったわけです。

 

こうして大昔から牛は人と関わり生きてきたのです。感謝です。