国際規格及び国内規格

ISO9001(品質マネジメントシステム)

ISO9001とは、顧客満足を得ることを目的とした品質管理及び品質保証に関する国際規格です。1999年12月認証を取得しました(検証機関 日本海事検定キューエイ(株)(NKKKQA))。

ISO14001(環境マネジメントシステム)

ISO14001とは、ISO(国際標準化機構)が定めた企業や団体などの環境管理を目的とした規格群です。企業や団体が環境負荷を低減させ、地球環境保護の観点から活動を管理していくための世界共通基準です。2002年3月認証を取得しました(検証機関 日本海事検定キューエイ(株)(NKKKQA))。

ISO22000(食品安全マネジメントシステム)

ISO22000とは、安全な食品を生産・流通・販売するための国際標準規格です。2005年12月認証を取得しました(検証機関 日本海事検定キューエイ(株)(NKKKQA))。

輸出食肉処理施設USDA(HACCPシステム)

HACCPとは、食品の原料の受け入れから製造・出荷までのすべての工程において、危害の発生を防止するための重要ポイントを継続的に監視・記録する衛生管理手法です。
国内向けにも世界一厳しいと言われるUSDA(米国農務省)HACCPシステムの衛生基準で生産された牛肉の供給が可能です。
なお、牛肉の対米輸出認定は当社が国内で4番目となります。

各施設への取得年月日

有明ミート工場

取得 輸出開始 施設
1998年02月 2009年12月 対香港輸出豚肉処理施設
2002年12月 2006年05月 対米輸出牛肉処理施設
2006年04月 2007年08月 対カナダ輸出牛肉処理施設
2007年03月 2007年05月 対香港輸出牛肉処理施設
2009年05月 2009年05月 対シンガポール輸出牛肉処理施設
2009年10月 2010年07月 対マカオ輸出牛肉処理施設
2009年11月 2010年01月 対タイ輸出牛肉処理施設
2012年04月 2012年06月 対シンガポール輸出豚肉処理施設
2014年03月 2014年05月 対ベトナム輸出豚肉・牛肉処理施設
2014年03月 2014年09月 対ニュージーランド輸出牛肉処理施設
2014年06月 2014年06月 対EU輸出牛肉処理施設
2014年12月   対メキシコ輸出牛肉処理施設
2015年03月 2015年06月 対台湾輸出豚肉処理施設
2015年09月   対フィリピン輸出牛肉処理施設
2015年10月   対ミャンマー輸出牛肉処理施設

 

霧島ミート工場

取得 輸出開始 施設
2012年06月 2012年10月 対香港輸出豚肉処理施設
(国産豚内臓製品を輸出開始)
2014年03月   対ベトナム輸出豚肉処理施設
2015年01月   対ベトナム輸出牛肉処理施設
2015年03月   対台湾輸出豚肉処理施設
2015年10月   対ミャンマー輸出牛肉処理施設

豚肉輸出実績

年度 輸出量
2012年度(4月~9月) 75.9トン(対香港を含む)
2013年度 307トン
2014年度 340トン
2015年度 350トン
2016年度 502トン

和牛輸出実績

年度 輸出量
2006年度 31トン
2007年度 79トン
2008年度 68トン
2009年度 82トン
2010年度 126トン
2011年度 81トン
2012年度 161トン
2013年度 180トン
2014年度 200トン
2015年度 206トン
2016年度 309トン
  • 2017年4月1日現在、輸出牛肉指定生産者として279農家を登録しています。
  • 作業日毎、食肉衛生検査所指名検査員により作業前・作業中点検が実施され、厚生労働省食品衛生専門官(毎月)とFSIS等輸出国検査官(3年1回基準)に査察を受けます。
  • 輸出食肉処理施設以外の各種規格については、それぞれ、認定機関による年1回の定期審査を受けています。

かぎん環境格付

環境格付 「先進的(S)」

  • 格付評価内容 安心・安全な食品を提供するという観点から、製造から物流に至るまでの過程において環境に配慮した経営を実践しています。
    ISO9001、ISO14001、ISO22000認証を取得しており、品質・環境に対する取組みについて積極的です。
  • 工場増設により生産活動が拡大傾向にあるなか、エネルギー使用合理化等を考慮した設備導入により環境負荷軽減に取り組んでいます。