沿革

1981年9月伊藤ハムグループの一員として設立
1998年4月有明ビーフプラントがプロセス管理にUSDAのHACCPシステム導入
1999年12月有明ポークプラント・ビーフプラント(霧島ミートプラント:H12年7月取得)
2002年12月対米輸出牛肉(有明)処理施設認定取得
2005年12月有明ミート工場は、食品安全マネジメントシステムの国際規格ISO22000の認証取得(霧島ミートプラント:H19年2月取得)

牛・豚の排水処理施設の完全分離を達成し、牛の特定危険部位(SRM:汚泥を含む)の自社プラント内での完全処理体制を確立
2006年4月対カナダ輸出牛肉(有明)処理施設認定取得
2006年5月アメリカへ和牛肉「薩摩黒牛」輸出開始(有明)
2007年2月「鹿児島黒豚 黒の匠」新ブランドとして発売
2007年3月対香港輸出牛肉(有明)処理施設認定取得
2007年5月香港へ牛肉(有明)輸出開始
2007年8月カナダへ牛肉(有明)輸出開始
2009年5月対シンガポール輸出牛肉(有明)処理施設認定取得

シンガポールへ牛肉(有明)輸出開始
2009年10月対マカオ輸出牛肉(有明)処理施設認定取得
2009年11月対タイ輸出牛肉(有明)処理施設認定取得
2010年1月タイへ牛肉(有明)輸出開始
2010年7月マカオへ牛肉(有明)輸出開始
2012年4月対シンガポール輸出(有明)豚肉処理施設認定取得
2012年6月シンガポールへ豚肉(有明)輸出開始
2014年3月霧島ミートプラント牛工場施設新設

対ベトナム輸出牛(有明)・豚(有明・霧島)肉処理施設認定取得

対ニュージーランド牛肉(有明)処理施設認定取得
2014年5月ベトナムへ牛・豚肉(有明)輸出開始
2014年6月対EU輸出牛肉(有明)処理施設認定取得

ニュージーランドへ牛肉(有明)輸出開始
2014年12月対メキシコ牛肉(有明)処理施設認定取得
2015年1月対ベトナム牛肉(霧島)処理施設認定取得
2016年12月対ブラジル牛肉(有明)処理施設認定取得
2017年9月対台湾(有明・霧島)処理施設認定取得
2018年4月有明ミート第1工場は有明ポークプラントへ

有明ミート第2 工場は有明ビーフプラントへ

霧島ミート工場は霧島ミートプラントへ
2018年6月対オーストラリア牛肉(有明)処理施設認定取得
2018年6月対アルゼンチン牛肉(有明)処理施設認定取得
2019年2月対ロシア牛肉(有明)処理施設認定取得
2019年3月対ウルグアイ牛肉(有明)処理施設認定取得
2019年9月対タイ豚肉(有明)処理施設認定取得